リハビリテーション科

リハビリテーション科

下記のような様々な物理療法機器を症状に合わせて組み合わせ効果的な治療を行います。

自動牽引装置
主に頚椎症、腰椎椎間板症などに対し用い、筋、腱のストレッチ効果による除痛を行います。
低周波治療器
経皮的に局所に微弱電流を通電させる事により深部組織に刺激を与え、除痛を行います。腰痛、頚部痛、五十肩、捻挫など筋、腱の炎症性疾患に用いています。
極超短波(マイクロ)
深部組織に対する温熱効果が高く筋、腱の血流を増大させ関節痛や筋肉痛を改善します。
半導体レーザー治療器
腰痛、ムチ打ち、捻挫、五十肩などの慢性炎症疾患の除痛に用います。
超音波気泡浴装置
浴槽内に特殊な気泡を噴出させ、超音波を発振することで特に深部組織に温熱効果を与えます。外傷後の関節拘縮や骨萎縮、腱鞘炎などに用いています。
上肢・下肢メドマー
外傷後の浮腫や腱鞘炎などに空気加圧によるマッサージを行い血行、リンパ循環を改善します。
水圧式全身マッサージ治療器
  • 物理療法機器
  • 物理療法機器
  • 物理療法機器
Page Top