美容皮膚科

美容皮膚形成

美容皮膚科(自費診療)

「もう年だからと、きれいになることをあきらめていませんか?」

最近、高齢化の進展とともに、生活の質が重視されるようになりました。医療でも、ただ傷が治れば良いという方向から、いかにきれいに傷跡を治してゆくかが重要になってきています。最近は、医療界がアンチエイジング(抗老化)、未病(病気になる前に予防する)に注目し、美容皮膚科分野まで視野に入れるようになりました。加齢に伴う肌の変化も最新の医学的根拠を基に治療する病院で行う美容皮膚外科治療が注目され始めています。 当院では、医療機関でした使用できないレーザー機器、薬剤、化粧品などを使用し、しわ・たるみ・くすみ・にきび・あざ・ほくろ・いぼ・傷あと・脱毛などを含め、「病院で行うメディカルスキンケアで、より安全で、より効果的に」をテーマに皮膚のアンチエイジング(抗老化)から、アクティブエイジング(明日は今日より美しく)を目標に治療を行っています。
様々な原因で生じるスキントラブルを医学的観点から相談しながら、時間的、社会的・生活的制限などを考慮し、より治療効果が高く、より安全性の高いオーダーメイドの治療を提案させて頂いております。

自費診療につき、以下の初診料もしくは再診料がかかる事をご了承ください。
初診料:3,000円+税(1年以上来院されなければ、再度付加されます。)
再診料:1,000円+税

初診時にクリニカルスキンチェック(肌診断)を洗顔後に行います。クレンジングなどは当院にありますが、お化粧をして帰られる方は、お化粧道具を持参して下さい。

当院のレーザー紹介

ルミナスワン(フォトフェイシャルファースト)

滋賀県で初めて導入された最新鋭のIPL(光)治療器です。

フォトフェイシャルは、お顔全体に有効な光(IPL)をあてることによりしみ・そばかす・くすみなどの肌トラブルを改善し、美肌に導く最先端のスキンケアです。沈着してしまったメラニンに熱作用を与えると同時にコラーゲンを活性化させ、素肌が持つ本来の美しさを呼び覚まし、若々しい美肌に改善してゆきます。

美容整形のように外見的な変化を与えず肌の自然な美しさを再現し、印象を若返らせます。
IPL(インテンス・パルス・ライト)は、1995年に米国で開発されました。それから10年にもおよぶ研究と実績に基づき、画期的な7種類の異なる波長域の光を当機種にて作り出しました。当機種は全国に普及している「フォトフェイシャル」をさらに進化させ、従来の約3.8倍の照射能力を持っています。その光を使い分け、また組み合わせることにより、異なる肌トラブルを持つ一人一人に、オーダーメイドの施術が可能となっています。 また、OPT(オプテイマル・パルス・テクノロジー)により、照射される光を複数回に分割し、それぞれの熱エネルギーを均等に等分しています。このことにより、最後までターゲットとなる症状に対して、有効なダメージを与えることが可能となっております。

さらに、IPLを安全で有効的に照射できるように開発されたサフャイアコンタクトクーリングは、表皮を冷却しながら施術できるテクノロジーで、安全で快適な施術を受けることを可能にしました。

当院では、ドクターとのカウンセリングをもとに、7種類の波長と、2種類のヘッド、出力、波長間隔のコンビネーションで数百のパターンが可能になり、体質や状態に応じてあなただけのフォトフェイシャルをご提案します。お一人お一人のご要望にお応えする、画期的なパーソナルプランです。

従来のフォトフェイシャルの上をいく、フォトフェイシャル ファーストをお試し下さい。

ルミナスワン(フォトフェイシャルファースト)

フォトフェイシャルはフォトフェイシャル協会加盟の医療機関でのみ行っています。
フォトフェイシャルファーストは、医師の指導のもとでしか行えない、高い効果と信頼を兼ね備えたワンランク上のスキンケアです。

お悩み
光老化の諸症状(しみ、くすみ、小じわ)・肝斑・レーザー治療後や外傷後の炎症性色素沈着・にきび・そばかす・赤ら顔・毛穴の開き・乾燥肌の肌質改善など
施術の流れ
洗顔 → 診察 →(予約)→ IPL照射 → 冷却マスク → スキンケア → 治療後のケア・注意点のご説明
※初回はクリニカルスキンチェック(肌診断)を洗顔後に行います。
所要時間
約20分程度(照射時間)
回数の目安
3〜4週間に1回、5回を治療効果の判定とします。
※回数を重ねる毎に、改善していきます。(個人差があります)
  • 半顔(両頬部)
    20,000円+税
  • 全顔
    1回     35,000円+税
    5回セット券 160,000円+税:1年間有効
    (施術後イオン導入付き、初回のみ1〜2週間後にイオン導入サービス)
    ※目安として全顔平均80〜100ショット
  • シミ集中コース
    1ショット 2,000円+税
    ※目安として直径1cm大のしみで2〜3ショット
治療後の注意点
  • 施術後、少しほてった感じがする場合があります。軽く冷やして下さい。それでも改善しない場合は来院して下さい。
  • 紫外線防止に努めて下さい。
  • 一旦乾燥肌に傾く場合がありますので、保湿に努めて下さい。
  • 施術後は、メークをして帰れます。(ダウンタイムがありません)
TattooStar R (Qスイッチルビーレーザー)
お悩み
しみ・あざ・そばかす・扁平なほくろなど
レーザー紹介
694nmの波長のレーザーです。この波長はメラニンへの吸収性がよく、それに比較してコラーゲンやヘモグロビンへの吸収性が低いため、茶色いメラニン(しみ・そばかすなど)への治療に有効です。また、レーザーを照射する時間を「パルス幅」というのですが、この幅が短ければ短いほど、組織に対して熱が伝わる時間が短くなり、標的組織(メラニン)を破壊する能力が高くなります。パルス幅がミリセコンド(1/1000秒)単位のものがロングパルスレーザー、その1000分の1単位のマイクロセコンド:(1/1000000秒)単位のものがノーマルパルスレーザー、そのまた1000分の1単位のナノセコンド(1/1000000000秒)単位のものがQスイッチレーザーと言います。
当院のレーザーは、694nmの波長に、パルス幅が40nsのQスイッチルビーレーザー、ドイツのエスクリピオン社のTattooStar Rを使用し、色素性疾患(ほくろ・しみ・そばかす・斑点・太田母斑など)の治療を行っております。
このレーザーの特徴は、マイクロレンズアレイによるむらのない均質的な六角形状の照射スポットを用いることで、病変部分にむらのない均質的な出力が伝わるようになりました。
TattooStar R (Qスイッチルビーレーザー)
施術の流れ
洗顔 → 診察 →(予約)→ レーザー照射(照射の30分前に麻酔のテープを貼付)→ 照射部に軟膏を塗布 又は テープにて保護→治療後のケア・注意点のご説明
所要時間
約5分程度(レーザー照射時間)
回数目安
1回から場合によっては数回
価格
しみ・ほくろなど 大きさ1cm大 8,500円+税
それ以外の場合、カウンセリングの段階で価格をご提示致します。
治療後の注意点
  • 当日はやけどのようにひりひりした痛みや腫れを感じる場合があります。軽く冷やして下さい。
    それでも改善しない場合は来院して下さい。
  • 施術後 約1週間はテープにて照射部を保護します。
  • 照射後の7日〜10日目頃に受診して下さい。
  • テープを除去したら、色素沈着・再発防止のため美白剤・日焼け止めを使用し、紫外線防止を心がけ下さい。その後の経過により2週間〜1ヶ月に一度の通院が必要になります。
  • 人によっては、炎症後の色素沈着が一時的に褐色調に色が濃くなる場合があります。通常は2〜6か月でだんだん薄くなってきます。(個人差があります。)
炭酸ガスレーザー
お悩み
隆起性のほくろ・いぼ・脂漏性角化症など
レーザー紹介
炭酸ガスを発振物質とする治療器で、10600nmの波長を持つレーザー光を発生します。このレーザー光は色に関係なく吸収され、特に水に吸収されやすい性質を持っているため、皮膚に照射するとほとんどは皮膚組織内の水分に吸収されてしまいます。その時熱を発生し、この熱エネルギーが一瞬のうちに組織を気化・蒸散させてしまいます。
施術の流れ
洗顔 → 診察 →(予約)→ 局所麻酔(またはアイス冷却) →→ レーザー照射 → レーザー照射部に軟膏を外用(絆創膏で保護)→治療後のケア・注意点のご説明
※初診時にクリニカルスキンチェック(肌診断)を洗顔後に行います。
所要時間
約5〜10分
回数目安
1回〜数回
価格
〜3mm以下 8,500円+税
治療後の注意点
  • 照射後しばらくして麻酔が切れますが、通常ほとんど痛みは生じません。
  • 照射後数日でかさぶたになり、1〜2週間で剥がれます。約1週間は患部を洗い流した後、軟膏を塗布して下さい。また、ガーゼなどで保護して下さい。
  • 照射後2週間後に受診して頂きます。その後、問題なければ、1か月後の診察になります。
  • かさぶたが取れると赤みのある皮膚が再生されます。その皮膚が落ち着くまでには2〜3カ月かかります。その間、直射日光などを浴びると、色素沈着を起こしますので、日焼け止めなどで遮光をお願いします。
  • 色素性のほくろの場合、炭酸ガスレーザーで隆起部を蒸散させ、扁平にした後、Qスイッチルビーレーザーを照射する場合があります。
MeDioStar XT(ダイオードレーザー)

医療機関でしか施術を受けられない医療用脱毛レーザー

お悩み
脱毛・除毛
レーザー紹介
毛に含まれるメラニン色素へ選択的に吸収される波長のレーザーを使用し、毛にレーザーの熱エネルギーが吸収され、毛根を破壊します。レーザー光は色素に反応するため、正常組織への影響を最小限に抑え、安全に脱毛を行うことができます。
毛には成長期・退行期・休止期と毛周期があり、メラニンが多く含まれる成長期にレーザー光が作用します。退行期の毛にはあまり効果がないために、数回に分けてレーザー照射を行います。
MeDioStar XT(ダイオードレーザー)
痛くない
冷却装置が内蔵されていますから、針脱毛はもちろん、アレキサンドライトレーザーに比べても痛みはごくわずかです。(注:痛みは個人差があります。また、部位によっても痛みは違います。)
毛を剃ったままでできる
針脱毛では針の方向を確詔するために少し毛を伸ばしておかないと脱毛できませんが、ダイオード脱毛では完全に剃っておいたうえでおこないます。
早い
毛の量に関係なく1発の照射(0.5〜1秒)で約1cm2を処理できますから両ワキで4分程度です。照射時に休止期であった毛孔から生えてきた毛に対して約2ケ月後に2回目の照射をおこないます。更に2〜3ヶ月後に3回目の照射をおこないます。毛の量は回を重ねるごとに減っていき、適切に処理された毛孔からはほぼ永久的に発毛することはありません。ほとんどの人はダイオードで3回ほど照射すると90%以上の減毛が得られ、残った毛も産毛状態となります。更なる減毛を希望する場合は、より高出力で追加照射することになります。
確実
レーザー照射はスイッチを入れたり切ったりしながら皮膚をなぞっていくだけなので施行者による技術差が全くありません。ダイオードレーザーは広い範囲にわたって均一に確実に脱毛できます。また、冷却装置がついているので高出力で照射することができます。そのため、針脱毛やアレキサンドライトではできなかった産毛の脱毛も可能です。同じく密集した男性のヒゲも可能となりました。
衛生的
針を使わないので肝炎やエイズ感染の心配は全くありません。
低料金
繰り返し強調しますが、効果と合併症は機械の性能に負うのです。針脱毛や他のレーザー機に比べてダイオードレーザーは簡単・確実・短時間に脱毛ができますから料金も当然安くすることが可能なのです。
施術の流れ
診察 → 予約 → レーザー照射 → 冷却(場合によって)
※剃毛は必ずご自宅で行って来院して下さい。
毛が伸びているとやけどを起こすことがあります。
また、毛抜きをされている方は、レーザーの反応があまりありません。
所要時間
部位により異なりますが、両わきで約10分〜15分程度
回数目安
毛周期に応じて、2〜3ヵ月毎に1回。部位にもよりますが、5〜6回程度が目安になります。(個人差があり)
価格
1-3回目までの値段、4回目以降は半額(1〜2カ月に1回、5回を効果の目安に)
両わき:10,000円 両ひじから手首:20,000円 両ひじから肩:20,000円
太もも:40,000円 両ひざ下:35,000円 ビキニライン:10,000円から
口周囲:15,000円から うなじ:10,000円 その他:ご相談ください

すべて税が付加されます。

治療後の注意点
  • レーザー照射直後は肌全体が赤く反応したり、かゆみが出現したりすることがあります。軽く冷やして下さい。それでも改善しない場合は来院して下さい。
  • 照射した日は、入浴は避け、シャワー程度にしてください。
  • 照射部位は日焼けしないようにして下さい。肌が露出する部位では日焼け止めを使用し、紫外線防止に努めて下さい。
  • 自己処理はかみそりのみで処理して下さい。毛抜き、ワックス等は使用しないで下さい。

  • 男性の方の脱毛・除毛もご相談下さい。

男性の方の脱毛・除毛もご相談下さい。

Page Top